はじまりのフェレット-リッキーのこと-

はじまりのフェレット-リッキーのこと-

平成22年1月 カナディアンフェレットの男の子を一目惚れして衝動的に家族にする。
ほとんど何も情報がないなか、ケージ中心の生活。食べ物もペットショップで食べていたフードをずっと食べていた。

犬と遊びたいという夢だけはあったので5種混合ワクチンは受ける。
平成26年秋ごろ 突然ぐったりして生きてるのか心配になるほどの状態で最悪の事態を想像しながら動物病院へ走る。1日入院する。脾臓腫瘍で突然死してもおかしくないと宣告


入院中の病室での一コマ

平成28年3月8日 仕事から帰宅後後ろ足が麻痺した状態で息も絶え絶えの状態で夜間病院へ…治療もむなしく動物病院にて逝去(6年と5か月の生涯)

平成28年3月9日 荼毘に伏す