なぜMacを使おうと思ったか

なぜMacを使おうと思ったか

Windows歴20年の私がなぜ今更Macを使ってみようと思ったか。実は理由は単純で手頃の価格の中古のMacBookAirがあったからという理由なのですが、本当のところは欲しかったアイテムです。なぜ欲しかったのかを詳しく掘り下げていこうと思います。Macでやってみたいことがあった。昔から実はMacに憧れていたのです。ですが価格や周辺機器の揃わない感じだったりとか、買い替えがスムーズにいかないところとか色々考えるとやっぱりMacは無理。でも使ってみたいというジレンマを抱えたまま時は過ぎ今に至りました。

iOSAPPの開発

これは持病の記事で詳しく掘り下げて記載しようと思うのでなぜMacなのかというところで着目して記載すると、iPhoneやiPadのアプリはMacOSからでなければ完全に無料ではできないというところ。ずっと知ってはいたんだけど。いつかWindowsでもできるようになるんじゃない?とか思いながら時間が経過してこんなに着手に遅くなった。XCODEというAPPで開発できるらしい。ということろまでは知っていてダウンロードはしたものの起動して画面みて諦めたのは言うまでもない。これから時間をかけて覚えていきたいと思っている課題である。

Macが高すぎる

Windowsに比べてMacは構成が良い分やはり価格もそれなりになる。私が愛用が普段愛用しているLet’snoteに至っては中古価格で5万後半のi5モバイル用第2世代のはず、メモリ構成もあまり良くなく4M+8Mの12Mとアンバランスで運用している。ちなみにこのマシンは会社でも現役で活躍させているノートで、デスクトップだとやっぱり持ち帰りに不便だからラップトップと考えたときにカスタマイズ性や汎用性が高いWindowsマシンを選びがちなのです。

Windowsの汎用性の高さ

プラグ・アンド・プレイで対応している機種が多い。帰宅して個人用のデータは自宅の外付けHDDへ格納、仕事用はクラウドベースの保管庫へ。大量のスクリーンショットを取らなければならないようなことが起こったときに、窓の杜を検索すれば近いプログラムが無料でダウンロードできすぐ使える。玄人ユーザーもエンドユーザーも数がいるWindowsはやはりそういった意味でも安心が多く使い勝手が良く評価できるポイントでもある。先程触れたけれどプログラムがやはり豊富、有料無償問わず使い勝手の良いものがたくさんあり自分でわざわざ開発しなくても誰かが作ったプログラムに手を加えればすぐ仕事の効率に直結させられる。私が愛用しているゲーミングマウスにいたってはその最たる例かもしれない。ゲーミングマウスを使用することで時短で得られる仕事効率の生産性については特筆すべき事柄だと思っている。

Macの利点に気がついた

全てのMacを操作したわけではないのでMacBookAirを使ってみて感じた利点についてですが、パーソナル性が高い。とにかく個人に着目している。使うユーザーは一人でしょ!って決めつけてる感じがすごく気に入りました。昔のMacの駄目なイメージを覆すだけのインパクトが私が出会ったMacBookAirにはあったのです。

Macといえば右クリックできない。

どれだけ前の情報だよ。と思われる方も多いかもしれません。Windowsを使ってWindowsのシステムなどの仕事をしてきた私にとってMacの情報って入ってこないし、調べもしないことでした。確かに新製品が出て羨ましい。買ってみたいという気持ちはありましたが、そこまでの熱量がなかったのです。右クリックできないんじゃね…。フォルダの概念がないんじゃね…使いづらくてたまらない。その一言でした。

iPhoneとの親和性

Macはちょっとね…といいながらも、携帯電話は実はiPhone3Gの時代から変わらずiPhoneユーザー。途中Androidももちろん仕事の関係で使ってみたりはしましたよ。表示実験とかに使うし。でも、Androidはやっぱり端末が安価なせいか、カイロで充電持たない駄目なヤツ。というレッテルをすごく早い段階で貼ってしまいました。それに比べてiPhoneの利便性が高く感じ。携帯はリンゴじゃないと駄目みたいなスゴい変なこだわり方をしてました。今ではAndroidも嫌ではないです。それは自分の使ってるAndroid端末で触れたいと思います。とにかく、使ってるiPhoneとiPadからMac端末へのデータの同期が楽。今撮った写真をケーブルも使わず一瞬でMacで編集できるっていうのはやっぱり便利だなと思う。そのあたりのiPhoneとの親和性はMacしかできない部分だと思う。

低スペックでもスペックの低さを感じさせない

私の使っているMacBookAirは2017年モデルでi5のメモリ8gが標準。まだメモリ増設もしてないので初期設定のまま使っています。まだガリガリと仕事使用で使ってないっていう部分も多いのかもしれないけれど。そんなに低スペックというほど低スペックではないのですが、仕事で使用しているマシンからは見劣りするには間違いないですが、ストレスを感じさせない動きをしてくれます。

Macならでは色の再現性

画像加工をするときに以外と罠にはまる色の再現性ですが、ディスプレイカラーを最初からsRGBにすることができるので正確な色再現ができるという点はやはり優れているの一言に尽きる。Windowsはどうしても外付けのディスプレイやメイン画面などがその個体によって相当左右される。もちろん設定はするのだけれど完璧な再現とまではいかないのが現状。それがMacがあれば完璧な色再現ができるというのはやはり魅力

プログラムに頼らない独自の発想力がつく

Windowsなら文章を作成するならWordかテキストエディタか…と思うところですが、Macにはそもそも追加していなければWordは存在しないし、あるとすればせいぜいメモくらい。じゃあ何で文章を書こう。ブログ用の下書きだからテキストエディタかエバーノートでいいか。など使う用途に応じて自分で使うものを考えて使うというのも魅力的。Windowsならこれをつかうべきかな?と思うものもMacはその人の発想次第で使うものが変わるのも個人性が出るポイントかも。

なぜMacを使おうと思ったかのまとめ

自宅持ち帰り用マシンがMacで会社メインマシンがWindowsこれで問題なく仕事ができるのか。という問題だが。今のところ問題なく作業をすることができている。むしろ文章作成程度であればMacの方が楽だとすら感じるようになってしまった。これは由々しき問題である。根っからのWindowsユーザーである私がMacを愛することができている。ということがもうかなりの重症度を表している。これからもMacを愛していこうと思っている。

パソコンカテゴリの最新記事