応援お願いいたします!

サイトメガロウイルスと炎症性腸疾患(IBD)

サイトメガロウイルスと炎症性腸疾患(IBD)

2021年2月。もう尻から血しか出ないよ!っていう状況になって
定期通院で様子を見ていたんだけど、レミケードも二次無効になり
使えるTNFα受容体拮抗薬はシンポニーのみ。ただベーチェット病には適応がとってなくて
自費診療。もう絶体絶命。っていう状態での緊急入院になった経過をまとめていきたいと思います。
炎症性腸疾患がサイトメガロウイルスでひどい状態に悪化することがあるらしいのです。

サイトメガロウイルス腸炎?

ちょっと時系列でまとめるにしてももうかなり曖昧な記憶なっていますが
通常だと28日毎通院で済むところ、調子が崩れ始め14日毎通院に
この頃からCRPが徐々に上向き傾向で、ベーチェット病由来の炎症か炎症性腸疾患クローン病由来か
すでにわからない状態でした。
この頃で1日の排便回数はすでに1日10回とかだったような記憶です。
上段でも記載した通り、レミケードも二次無効が原因かもしれないとわかっていましたが
この時点ではベーチェット病しか診断名がついておらずに治療法難民になっていました。
ただ、次の一手を投じるためにも内視鏡はしたいと言う膠原病科の主治医のオーダーで
同日、胃カメラと大腸カメラをやるという暴挙に。

縦走潰瘍がいっぱい発見される。

今まで、消化器的な所見で行くと私の場合は回盲腸部の抜き打ち状の潰瘍が特徴で
小腸には飛んで潰瘍がありましたが、大腸はほぼ綺麗な画像所見だけだったのですが。
今回の大腸カメラの結果では、大腸の3分の2近くに縦走潰瘍があり
細胞をとって調べました。
残念なことに非乾酪性類上皮細胞肉芽腫は今回も見つからず
難治性のベーチェット病の腸管型かクローン病かははっきりしませんでした。
結局まぁ、炎症性腸疾患IBD(広義)ではベーチェットもクローンも変わりないのですが
診断名が変わると使える薬が変わるというのと指定難病の関係もあるので
色々と面倒な部分だったりします。その面倒なやつを引いた私です。
※諸説あるのでこの辺りは主治医の方とよく相談されてください。

入院しないが目標だった。

なんせ入院しないが私の目標なので、まだ血は出るけど血ばっかりでもないし
下痢だけど、漏らすけど、なんとか生活できているしなどと思っていました。
発熱もあるけど体もだるいけど、なんとか生きてる。って状態だったのですが
消化器の主治医から電話が来ます。
「サイトメガロウイルスが見つかって、体調も良くないでしょうから入院しますか」
と言う内容で、ですよね。と思っていた矢先
下血が1日40回を超えると言う緊急事態に。入院予定日は明後日。
トイレから立ち上がると起立性低血圧で意識を失いそうになる。
と言うよりたぶん家でも意識を無くしていたと思います。
何より血便が止まらない。ヤバいと思い深夜ER(救急外来)を受診し
そのまま収容されました。

抗生剤と抗生剤

早速、腸炎に効きそうな抗生剤を点滴から入れることに
それとはまた別に抗生剤。こちらはサイトメガロウイルスに効果があるガンシクロビル
ガンシクロビルは厳密に12時間毎でなければならないので
一日トータル4回の抗生剤投与が1週間開始されることになりました。
しかし、入院して3日目に事件は起きるのでした。

貧血で病棟内で倒れる

入院してからも血しか出ない状況が続いていました。
しかも、シャーシャーと。夜中も何度も何度も行く状態が改善されないまま
トイレに行って出たところまでは記憶にあってあと少しで大部屋の自分のベッドに
そこから記憶がありません。
看護師さんにトイレに連れて行ってもらって車椅子からたとうとした瞬間
目の前が真っ暗になりワナワナと震えて徐々に意識が薄れる

などを繰り返したのです。
もう、トイレ行くの禁止。と言われ危うくテープ留めのオムツをつけられるところでしたが
我慢するから。といいなんとか無事パンツを死守しました。
造影CTをするにも20Gが通らない状態でプレーンCTとるも
相当量出てそうな出血や穿孔はないと言うことで、
同日昼輸血をして様子を見ることに。この時の検査結果がなかったのですが確か
ヘモグロビン6台だったと思います。

ガンシクロビルの成果

ガンシクロビルでサイトメガロウイルスの治療をしていたのですが
血中のサイトメガロウイルスの値は実はそんなに高くなく
治療効果なしと言うことで中止になりました。
※これは後から聞かされた事実でサイトメガロウイルスがいなくなれば良くなると思っていたので正直がっかりでした。

しかも、原因不明の肝機能爆あがりと炎症反応で
AST302、ALT449、γGT379、CRP16.59
といった数値を叩き出してしまいました。
※他にも凝固系の数値も上がってたけど原因はわからないままでした。

2度目の輸血

もう、絶水絶食なのにもかかわらず排便回数もコントロールできない状態でした。
相変わらず血しか出ない。のときもあれば、少しマシみたいなのを繰り返していましたが。
結局また、輸血することに。

まとめ

実はこの時点で治療方針がまとまらず主治医と喧嘩しまして。
かなり殺伐とした状態になりました。(今は関係性が戻ってます)
結局ステラーラを使うことになりました。クローン病の診断もついたってことですね。
それと、この時点で入院日数が21日になり会社の在籍も危うくなったので退院しました。

なのでタイトルとかなり違う記録なっているので
期待された方ごめんなさい。
今後のことについてはまた詳細に記録します。
とりあえず、草案として仮アップします。

闘病記カテゴリの最新記事