応援お願いいたします!
ステロイドの副作用と対応方法

ここ2年くらい症状が安定せずプレドニンを10mg以上毎日飲み続けて
気になった点を今回はまとめていきたいと思います。
副作用は副作用の項目も使ってまとめられたらいいなぁと思っています。
確かに副作用はとっても怖い薬ですが、自分で勝手にやめたり
要領を変更するのはもっと怖いので医師の指示に従ってくださいね。

ステロイドの副作用

色々と副作用が出てくるのです。しかも、私のように長期服用者だとなおさら
それをひとつづつ解説していければいいなぁと思っています。
また個人的が感じる部分ですので、気になることはお医者さんに相談してくださいね。

不眠

なんと言っても、これ。容量が多ければ多いほど不眠に。
現状10mgですが相当不眠だと感じています。
そもそも疲れていると12時間とか寝る私ですが、ステロイドを服用していて
調子が良い時は4時間から6時間がちょうど良いようです。

不眠の対処法

これはもうお医者さんに眠剤を素直に処方してもらう。
これが1番です。マイスリー5mgを導入剤と服用していた時期もありましたが、
中途覚醒が辛くてブロチゾラム10mgに変更してもらってから中途覚醒は減りました。
これは貧血の症状になると思うのですが、
入眠時に不随意運動が酷くて少し調べてみたのですが
どうやら入眠時ミオクローヌスと呼ばれるものらしく、目が覚めてしまいます。
この辺りは気にしないのが1番なので、テレビでもつけてぼーっとしてれば
いつの間にか眠りに落ちていることが多いです。

不眠だけどお医者さんに薬を処方してもらうのは
ちょっと抵抗があるという方には
ホットミルクにラム酒を1滴垂らして飲むが良いです。
胃腸の調子も整うらしい(牛乳が私はダメなので飲めません)

あと個人的におすすめなのは

高麗人参茶を寝る前にホットで飲むのもおすすめです。
免疫力が…とか気になって飲むのをやめてしまいましたが
風邪のシーズンとかは一石二鳥かと思います。

ステロイド鬱

これもひどい症状出ますよね。多幸感もそうだけど。
多幸感よりも鬱は特に感じることが多いですね。
これに合わせてPMSでもこようものなら殴り合いの喧嘩をできる自信があります。

ステロイド鬱の対処法

逃げる。ストレスから逃げる。寝る。遊ぶ。不貞腐れる。泣く。
愚痴る。現実逃避するなどしかありません。
あまりにもひどければ抗不安剤とか処方してもらうのもいいかもしれないですが
元疾患がある方がほとんどでしょうから薬を増やすのもなって感じだと思うので
とにかくストレス源に近づかないようにするのが1番ですね。
そんな自分が1番できてない。

むくみ

指輪がキツくて指が千切れる!っていうくらいむくむ日もあります。
靴下とかも跡がついて辛い。っていう時の方が増えてきました。
もちろん顔とかもバンバンにむくむので原因から対処するしかないです。

むくみの対処法

塩分を撮らないようにするしかない。水分はある程度必要なので
やっぱり塩分を調整するしかない。あとは運動(嫌)ですね。
足に出ているのなら足を高くして寝るのもいいと思います。
メディキュットみたいな着圧ソックスを着用して寝るのもいいですね。
手のむくみに関しては、朝グーパー運動をひたすらやる。
これでかなり解消されるので、暇を見つけてはグーパーグーパーするといいですよ。

肥満

食べる量を調整すればいいんだよ。なんて簡単に言われる方が多いですが
ステロイドを服用中の食欲はコントロールできるものではないです。
正直、いつも何かを食べていたいレベルでお腹空きます。

肥満の対処法

もう、馬鹿にしてるのって回答になるんですけど。
諦めるしかないです。というか私は諦めています。
ステロイド服用してから20キロ近く増えましたが、減薬とともに食欲も人並みになり
体重が戻ってきています。今ピーク時からマイナス10キロになりました。
それでも気になる方は運動と食事制限を頑張るしかないです。

まとめ

これだけ読むとやっぱりステロイドってやばい薬だなと思いますが
かなり炎症を抑えて元気な時の生活に近くなる。むしろステロイド飲んでた時がいちばん元気じゃない?
みたいな感じになります。

ただ、等価交換なのでやる気に満ち溢れている日があれば
その疲れは必ず自分に戻ってきますので、ほどほどで離脱する勇気。
休む勇気は必要なのかなと思ったりします。

闘病記カテゴリの最新記事