応援お願いいたします!

祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時
祈りの幕が下りる時

amazon primeで配信中。 prime会員特典 (2020.01.20現在)
原作:東野圭吾 主演:阿部寛、松嶋菜々子、溝渕淳平

すべては守るために

東京で発見された女性の絞殺死体、死後20日が経過した腐乱死体から全ての物語はスタートする。絞殺死体が見つかったアパートの住人も行方不明となっていた。
やがて、捜査線上に上がってきた浅居博美(松島奈々子)には完璧なアリバイがあり、捜査は暗礁に乗り上げる。

一本の線に

松宮脩平(溝端淳平)が刑事の感といい、絞殺死体と数日前に近隣で起こった絞殺焼死体が同じ犯人ではないかと疑問に思う。しかし、DNA鑑定の結果、別だと判明、それを相談した加賀恭一郎(阿部寛)に打ち明けたところ、凶器がすり替えられている可能性はないのか。と再捜査から話が急激に展開していく。

祈りの幕が下りる時

美しさゆえの狂気

松嶋菜々子演じる浅居博美の心に秘めた狂気。松嶋菜々子の美しさゆえ狂気を感じさせる演技力。そうするしかなかったとはいえ悲劇でしかない。見終わったあとは何とも言えない感情が沸き上がった。

言葉の呪縛

幸せになって欲しい。という相手からの期待は時として呪縛になる。そして、大きな足枷となり、自由を失い幸せという枠に収まるために、様々な犠牲を払っていくこととなる。相手の期待にこたえなければならない。その想いは時も場所も選ばずいかなる時も義務として襲ってくる。そんな無限ループを考えさせられた。

シリーズ完結となっているのを今知りました。なのでこの作品だけを見ても十分楽しめる内容です。というかシリーズ全部見たほうが楽しかったのかもしれない。機会があったら他のシリーズも見てみたいと思いました。

読書・鑑賞ログカテゴリの最新記事