禁煙外来ノススメ

禁煙外来ノススメ

私は意思が弱い。禁煙などできた試しがない。 禁煙外来に通っていた時を除いては…。 今回自分が発覚した病気のことを考えると流石にヤバいのではと思った私は今日禁煙外来を受診することにした。

禁煙外来は怖くない

そう、私は過去に2度禁煙外来を受診している。その中でも長く続いた禁煙は半年間である。なぜその禁煙が最後にならなかったかは、職場の先輩に「我慢してるの身体によくないだろ」と差し出された一本が原因だった。それから私は禁煙に失敗し続けている。

禁煙外来で必要なもの

今回痛感したのは、なぜやめたいのかという気持ちだということに気がついた。私の場合だと今回禁煙しなければ今自分のお腹にある潰瘍は良くならないだろうと思ったから。これから先、この病気と付き合っていくのに煙草は足かせになる。そう思ったからだ。実はやめるつもりなんてなかった。でも、気がつけばやめなければ…という思いに支配されていた。一番近くでやっている禁煙外来に電話を掛けていた。

行ってからの心構え

行ったらもうやめなければならないのか。と思っている人も多いと思う。実はそうではない。飲み薬で始める場合は当日から7日間は喫煙可能なのは実はあまり知られていない。そう。すぐやめられるわけがない。やめたいけどやめれないから病院に来ているのだから。それを自分が受け入れる必要がある。

問診と検査

問診と検査もあっという間に終わる。痛いものなど何もない。
だから、安心して禁煙外来に行っていただきたい。診察が終わればチャンピックスという飲み薬を処方されその日から飲み始めるだけだから。
ただ、チャンピックスには副作用がある。私が過去に体験したのは吐き気と頭痛がひどく2回目の禁煙外来は途中でリタイアすることになった。
胃が弱い。と自覚がある方は先にそれをDr.に伝えて副作用予防をしっかりと先手を打ってしまったほうがいいだろう。

服薬スケジュールを守って服用しよう

最初の3日は食後ならいつでも良い。私の場合は当日の夜から服用した。でも、まだまだ、煙草は吸いたいという事実は消せない。

チャンピックス

吸いたいと思ったときは、8日目までは吸えるシステムなので心置きなく吸えば良い。ということで私も普通通りに吸っている。

禁煙が成功したら

禁煙が成功したら欲しかったものを買おう。そんな単純なご褒美でも良い。今回は素直にそうしようと思っている。

未分類カテゴリの最新記事