大奥-東映-仲間由紀恵主演

大奥-東映-仲間由紀恵主演

大奥って実はちゃんとしっかりしたストーリーを知らない私。

大奥っていえばよしながふみのコミック。
そう…社会科科目が得意ではない私には歴史は足を踏み入れてはいけないカオスな世界。
時代背景もわからなければ、将軍の名前も…しかも徳長って何代続いたんだってレベル。
もちろん元禄何年とか言われてもどれくらいの時期なのかもさっぱりわからん。っていうレベル。

仲間由紀恵が主演か…ってところで見るのを二の足を踏んだ作品でもありました。

結果ですけど。見てよかったかなと。
なんとなくのイメージでこういうのって悲恋しかないから見ないってのもある。
実際、悲恋。

史実に基づいているのか、歴史がさっぱりな私にはわかりませんが、
もうね。これはテレビ自体をあまり見ない私でもわかる豪華キャスト。
キャストもすごいんだけど、やっぱり大奥っていう部分で衣装が金かかってるなって
もちろんセットもすごいけど。

実際のストーリーを知らないからなのか自分はすごく評価できる作品かなぁと思いました。
仲間由紀恵はやっぱ賛否両論あるけど。
自分の中ではやっぱりトリックの印象が強くて、その印象のままいってしまうかなと思ったんですが
演技力は高い。

命の置き場…現代の世では考えられないところにある
忠義、愛憎、裏切り、

エンディングは後味はいいものではないけれど。
全てを、命を懸けてでも、己が主君を守りきる。愛するものを守り切る。
そんな美学があるのかもしれません。

エンディングが倖田來未だったってのがちょっとマイナス評価だけど。

見てよかった作品だな。

評価:★★★★☆