悔しいと思えること-ソプラノサックス-①

悔しいと思えること-ソプラノサックス-①

ここ最近誰かに負けて悔しいって思うことってなくて、自分自身にもできなくて悔しいという思いもあまりありませんでした。
会社の中で技術的な問題とかも、猿山のボス的な感覚で自分が割と優れているとずっと思っていました。
生活に張り合いもなくなって、競うってことがなかったんですよね。というか基本的に闘争心ってあまり持たないようにしていたんですけれど。ここ最近になって悔しいと思えることが出来ました。

ソプラノサックス
ソプラノサックス

マイ楽器に対する憧れってあまりない。

そうなんです。ずっと楽器を弾いて幼少期を過ごしてきた私。マイ楽器に対する憧れってものすごい薄くて、ピアノもバイオリンもマイ楽器持ってたし、ベースもギターも買うのが当たり前と思ってきていて、ドラム以外は全部購入して保持していました。なのでいつかやりたいと思っていたソプラノサックスも当然買えると思っていたんです。

とあるyoutubeを見てからソプラノサックスのとりこに

そう、虜になったはいいけど…買えないんじゃないと初めて思ったのがソプラノサックス。
今まで楽器を買うにしてもちょっと清水の舞台から飛び降りる覚悟で買えたのに…。背負うものが大きくなってからはソレソレとは買えない代物になってしまいました。でも、ずっと吹いてみたいという憧れはあって。葛藤すること1年くらいかな。ここまで欲しいとはきっと誰も思ってなかったとは思うんだけれども。ようやく手に入れることが出来ました。

大切な人からの贈り物


そう、この写真のサックス。実は大切な人からの贈り物なんです。だから音が出せても出せなくてもとても大切にしなくてはいけないものだし、大切にしていきたいものではあったんですが…右も左もわからない初心者の私が動画を見てやっとリードを取り付けたはいいけど。やっぱり音が出ない。とても悔しい。練習がしたいと思えました。

やっぱり練習する時間と場所が欲しい


社会人をしていると壁になるのが練習場所と練習時間。昨日仕事を終えた職場で吹いてみたけど、1オクターブの音を出すにも必死。割と本気でやって出るか出ないか…。楽器は弾ける。なんだかずっとそんな自信に満ち溢れていた私の心を砕いた瞬間でした。
仕事終わりの会社とはいえ、残業している仲間が残ってる中では恥ずかしい…そんな感じで悔しさだけが募る一方でした。

欲しいものも一杯あるけど

何より練習時間と気にしない場所が欲しいと痛感しています。長時間の練習より毎日することが大事。なので、今朝は30分早く出勤して誰もいない会社でひっそりと練習していたのは内緒です。